上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |

正直、私は友達が多い方ではない。
多々理由はあれど最もな理由は、やはり自分自身にあったのだと悟る。
友情についての格言を読んで共感する点も多い。

『もし君が悩む友を持っているなら、君は彼の悩みに対して安息の場所となれ。
だが、いうならば、堅い寝床、戦陣用の寝床となれ。そうであってこそ君は彼に最も役立つものとなるだろう。』
ニーチェの言葉。(まぁ、タイトルもニーチェだったりします。)
なるほどと思ってみますが、
悲しいかな実際には相手に伝わる、相手が気づくのはずっと後の事で
判ったときにその友は近くにいなかったり、連絡が取れなかったりするのです。
どうせなら早く気づくべきですな。

今まで親友という概念を「その者がいれば全てが事足りるもの。」と解釈していた為、必要ないとしてきたのですが、それが誤りであったと最近気づいた。
気づかせてくれたのもその親友と呼べると思う友人の一言が大きい。
恋愛などにおいては「円も縁も無いからね。」と私も冗談で使っていた他愛もない言葉。
その『縁』というもの。
【縁がある者同士は引き合うものだ】という考え。
昔もよく聞いた言葉だったが、今の自分にとっては今までの全てを納得させてくれるような気持ちにさせてくれた。このタイミングでこの言葉を聞いたからこその納得であったのだろう。
その言葉を聞いて私の中の親友の概念が変わった気がした。
親友とは特にちょっとした友人のように連絡をたったり、共通の趣味などが無くとも疎遠になっていくような事も無い間柄な者なのかなと。
『もっとも親しき友人というのは、つねに兄弟のように退屈である。』
萩原朔太郎って人の言葉ですが、こんな感じなのかもねって思ったりね。

以前、日記に書いて気もするが割と自分主義的な面もあったのであろう自分は
小、中、高と大。その場面、場面で友人を失っていく事もあった。
失ってから気づき考えさせられる事も多くあり、そこで初めて自分にも非があることを知る。
唯一の救いは失った友人も多いが、頼れる友人も多かった事だ。
孤独となり事に気づいた私に手を差し伸べたのも友人、一時は離れもしたが向かいいれてくれたのも友人、形だけ見れば昔からの友達。
元の鞘のようにはなったようだ。
しかし、離れていた分お互いに蟠りがあるのは否めない。
それを解決する術は、時間とその事に気づいた自分なんだろうと思い甘んじる。
だが、ここまで来れたのも友人達がいればこそ。
その友人と会えた事が縁なのだろう。

続きを読む

スポンサーサイト

2005.11.08 | フリートーク | トラックバック(-) | コメント(0) |

あらかじめ言っておきますが、
フリートークは私の偏見やら思想であったりするわけで、正しいとは思わないように。
ああ、こんな奴もおるんやね。くらいで。

誰でも愚痴とか嫉妬とか憎悪とかその文字を見ただけでストレスの溜まりそうなモノを持っているわけですよ。
しかしだ、それを、その気持ちを他の誰かにわかってもらうには限りなく不可能に近いと思うわけですよ。
つーか、理解ったら気持ち悪いですよ。
私ならどうするか。基本的に明らかに理解してもらえないなら話さない。
そうなります。しかしそれでは溜まる一方なわけですな。
なのでついつい暴言を吐いてみます。これは本当に申し訳ない話。
だけど聞いてる方は本当に面白くないはず。だって逆にそんなの聞かされても私は面白いとは思わないもの。
そこで工夫ですよね。人にわかって貰うには、人にわかって貰えるように話し、人に聞いてもらうには、人が聞いててつまらなく思わないように話せば良いわけよね。
難しいね(ぉぃ
なので、私の場合は自虐系となってしまいます。
まぁ、ここではその話はしないんですけどね。

友人の「言霊なんだから。」という言葉が妙に心に響いたわけで。
嫌いな人の悪口なんかを言っているとますます嫌いになって行っちゃうわけでです。
きっと自分自身に暗示がかかっているようなものでしょう。
逆に好き好き言ってりゃそのように思えてくるのよ。
いかん、話を膨らませられない。やめた。また今度にしよう。

それにしてもふと思ってみたが、日記とかね。
それらは一応サイト上のことなんで『書』であって『言』ではないが
発言したのと全く変わらないわけよね。
そう考えると日記だけでも割と自分の言霊が溢れているわけですね。
読み返したときに自分で自分を非議してしまうようにならないように
一日を楽しく生きまっしょぃ。

続きを読む

2005.10.21 | フリートーク | トラックバック(-) | コメント(0) |

日記を書くにもマンネリの日々なのでフリーにトークでも書いてみる。
タイトルは哲学者デカルトの名言ですな。
ただ内容は混乱しているだけなので読まないことをお勧めする。
じゃ、アップするなってな。
何かこうモヤモヤ?っとする事もあるわけよ。ちなみに校正なし。

続きを読む

2005.08.09 | フリートーク | トラックバック(-) | コメント(2) |

前回の話より、
許して貰えないから謝らないのが悪ならば、
悪いとも思ってないのに謝るのは良いのか?
ということになります。
これも、必要悪の時の話と似たものになるが、
ホンネとタテマエという言葉もある。
子供と大人の違いはそこにあると考える。
この場を取り繕うために謝る事もあるし、決して認めてはいけない事もある。
嫌な事をNOと言えることがかっこいいと思っていた昔の私は
やはり、子供だったのだ。

続きを読む

2005.02.24 | フリートーク | トラックバック(-) | コメント(0) |

私の人生観は偏っているらしい。
そんなことは解っているのでこの際気にしない。
似非なんだから持論で爆走。

続きを読む

2005.01.27 | フリートーク | トラックバック(-) | コメント(0) |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。